電球用の硝子工場から生まれた繊細なプロダクト

松徳硝子は1922年、村松庄太郎が電球用の硝子の生産工場として創業しました。その後、ワイングラス、ビールグラスなどの硝子食器を中心に、熟練した職人の手造りによって一つひとつ丹念に生産しています。特に口当たりの良い「うすはり」グラスは好評の商品。製品は東京都の伝統工芸品「江戸硝子」に指定されています。

商品の質感、持ち心地などは是非h66店頭にてお確かめください。