これからの暮らしの器 ——グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞など数多く受賞。

白山陶器にとっての器づくりの原点は、なにより使いやすいもの、生活の中になじむものであるということです。

デザインや品質は、器の機能をどう高めてゆくか、使う人の愛着にどう応えてゆくかという視点を大切に、人々がその器を使う生活シーンをイメージするところから器づくりが始まります。華美ではなく、かといって平凡でもなく、新しさはあるが時代に左右されることなく使っていて飽きのこないデザイン。それこそが目指すべき美しい器のありかたなのではないでしょうか。

グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞など数多く受賞したデザイン賞は、このブランドの大きな誇りです。

商品の種類・仕様などの詳細に関しては白山陶器のWebサイトをご覧下さい。